TOP

Serie du Trio

Kaori SEGAWA ・ Masahito TSUDA ・ Mami ONIZAWA

Profile

Kaori SEGAWA
瀬川 香織 | Kaori SEGAWA

SAXOPHONE

facebook twitter blog

千葉県出身。
常総学院高等学校卒業。東京コンセルヴァトアール尚美卒業、 同校ディプロマコース修了。卒業演奏会出演。

第12回市川文化会館新人オーディション合格、同演奏会出演。
第9回TIAAクラシック音楽コンクールに合格、新人賞受賞。
室内楽部門にてコンセルヴィヴァン新人オーディションに合格。
第8回レ・スプレンデル音楽コンクール全部門中最高位受賞。

卒業後は精力的に演奏活動を展開し、 2008年・2010年・2013年と宍戸陽子×瀬川香織サクソフォンコンサートを アミュゼ柏にて開催。
2009年にいちかわ西洋館倶楽部、2013年にお蔵シアター(木更津)、 ムッターランド(我孫子)にてソロコンサートを開催。
何れも好評を博す。
2013年フランスGap市にてGAP/European summer Universityに参加。
2014年新星東関東吹奏楽団とコンチェルトを共演、ソリストを務める。
2012年宍戸陽子×瀬川香織「Color your Life」CDを発売。翌2013年には リエゾンサクソフォンアンサンブルのレコーディングに参加し、CDを発売。
また毎日放送系列TV番組「よゐこ部」の番組企画において、 よゐこ・濱口優氏のサックス講師を務めるなど、その活動は多岐に亘る。

コンドー楽器木更津店、カノン音楽アカデミー、山野楽器新浦安店にて個人レッスン講師を務める他、 吹奏楽指導に力を入れる等、後進の指導にもあたる。
リエゾンサクソフォンアンサンブル、THEATRE SAXメンバー。

これまでにサクソフォンを中村均一氏に、室内楽を岩本伸一氏、服部吉之・真理子夫妻に師事。



Masahito TSUDA
津田 真人 | Masahito TSUDA

SAXOPHONE

facebook twitter blog

北海道札幌市出身。
東京コンセルヴァトアール尚美・洗足学園音楽大学准首席卒業。 同大学在学中、前田記念音楽奨励賞受賞。優秀賞受賞。 学内選抜演奏会、卒業演奏会に出演。

第20回江戸川区新人演奏会管弦打楽器部門第一位合格、 江戸川フィルハーモニーオーケストラと共演。 第4回フランス音楽コンクール室内楽部門最高位受賞。 第8回レ・スプレンデル音楽コンクール全部門中最高位受賞。 他様々な賞を受賞。

2007年以降全国各地でリサイタルツアーを開催。 2011/2014年ソロリサイタルやソロライブを札幌・東京で開催する他、 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団コンサートや演奏会に出演。
2005年槇原敬之氏の全国ツアー&レコーディング、ジョンレノン公式トリビュートアルバムに参加の他、 NHKの番組内にてその活動を紹介された他、フジテレビ系音楽番組出演、ドラマ「のだめカンタービレ」出演、ダイワハウスTVCM出演、FM東京出演等 TV・ラジオ・雑誌などメディアにも出演。その他JAZZやPOP・FUSIONの各有名アーティストライブなどに出演。 2012/2014年東京都ヘブンアーティスト代表として東日本大震災被災地復興支援イベントに参加。NHKラジオ第1「新日曜名作座」にて劇中伴奏を担当。 2016/2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに参加。(株)fontecよりJGメンバーとして「genic1」をリリースしメジャーデビュー。2018年度2ndアルバム発表予定。
サックスアンサンブルトレーナー、個人レッスン講師として後進の指導にもあたる。東京都ヘブンアーティスト。Yanagisawaアーティスト。

これまでにサクソフォンを岩本伸一、冨岡和男、原博己、牧野奈名穂、故・伊林俊英の各氏に師事。室内楽を服部吉之、二宮和弘、彦坂眞一郎の各氏に師事。即興演奏を平野公崇氏に師事。
またF.モレッティ、J.ルデュー、E.ルソーの各氏によるマスタークラスと、K.ヒッチコック氏によるジャズサックスマスタークラスをそれぞれ受講。



Mami ONIZAWA
鬼沢 真美 | Mami ONIZAWA

Gravecembalo col Piano e Forte

茨城県那珂市出身。茨城県立水戸第三高等学校音楽科卒業。
特待生として昭和音楽大学短期大学部を経て、昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。

2009年9月よりローマ・サンタ・チェチーリア国立音楽院へ留学。
2011年10月同音楽院上級過程のピアノソリストコースを満場一致の満点、賞賛を得て首席卒業。

第2回マリア・グラツィア・ヴィヴァルディ国際音楽コン クールにてピアノ部門第1位。
及び特別賞のマリア・グラツィア・ヴィヴァルディ賞を受賞。
副賞としてクラッシカ・ヴィーヴァよりシューベルト、リストを収録したCDを発売予定。(http://www.classicaviva.com/)
第18回アネモス国際音楽コンクールにてピアノ部門第2位。
第26回ロヴェーレ・ドーロ国際コンクール室内楽部門ファイナリスト入賞。
第7回ピアニスト“セルジョ・カファーロ”杯第4位。
他多くの国際コンクールで上位入賞を果たす。

これまでにローマ・バルベリーニ宮殿をはじめ、夏期アントロドッコ音楽祭など様々なコンサートにソロ、アンサンブルで出演。 また第3回M.G.ヴィヴァルディ国際音楽コンクールに公式伴奏者として呼ばれ、その様子をイタリア全国紙「Stampa」に掲載される。

帰国後もソロリサイタルをはじめ様々なコンサートに出演。近年では琴やエレキヴァイオリンといったクラシック以外の楽器との演奏にも取り組んでいる。

これまでに小沼冨美枝、永木早知、N.ユジャニン、松本和将、S.ペルティカローリ、A.トランマ、M.モウケ、G.シモナッチ各氏に師事。